本日のカデンツァ

aurorapia.exblog.jp ブログトップ

ベルリン シュタッツオーパー“トリスタンとイゾルデ”で開幕

8月29日、晴天に恵まれ、ベルリン・シュタッツオーパーではバレンボエムの“トリスタンとイゾルデ”でシーズンの幕を開けた。シュタッツオーパーの隣のベーベルプラッツではすでに明日のオープンエアコンサートに向けて会場の準備が始まっている。
e0195884_21372140.jpg

16時すぎにAbendkasseに行く。Kaaseの前で学生らしきアジア人から3階席を8ユーロでゆずりうけた。3階席は2列目以降になると残念ながら舞台もオケピットもほとんど見えない。1列目はまさに天井桟敷というべき席で、サイドからではあるが舞台もピットも照明操作もズームを落として全景を撮るかのようにすべて見える。(長丁場のトリスタンをみるには少し疲れる席にはちがいないのだが。)
e0195884_21395724.jpg

譜面台の上には紫色のタオルと指揮棒のみ。バレンボエムの緩やかなリードによってトリスタン和音が静かに始まる。舞台の真ん中には大きな羽をつけた天使の像があるのみ。
トリスタンにIan Storey、イゾルデにWatraud Meier。マイヤーは2年前の日本公演の際にももちろんイゾルデを演じた歌手。小柄ながら表現性は豊かで聴いているものがすーとその世界にいつしか引き込まれていく。
2幕のふたりの愛の語らいは、小さな螺旋階段を一歩一歩上っていくかのように息が合っていった。マルケ王役のRena Papeも伸びやかで力強く素晴らしい声。バレンボエムも汗を拭いながら、(左手にコップをもって水を補給するシーンもみられたのだが)その後には、時折立ち上がって大きく指揮棒をまわし、常に舞台をリードし続けていた。

17時に開演し、終演は22時半。5時間におよぶ長丁場ではあるが少しも時間を感じさせないすばらしい舞台であった。この演出になり今日は29回目の公演、しかも昨年の9月の公演以降プローベはなかったそうであるが、さすがバレンボエムの“トリスタン”であり、満足いく公演であった。
e0195884_21422639.jpg

短いカーテンコールの後、劇場の外ではひと騒ぎ、どよめきの声が。
でてみると劇場のすぐ横で花火の大サービス。はじめて見るドイツの夏の花火。
満足感と幸せ度が倍増した。

e0195884_21432645.jpg
ベルリン国立歌劇場 Staatskapelle berlin
指揮:ダニエル・バレンボエム
トリスタン:Ian Storey
イゾルデ:Waltraud Meier
マルケ王: Rene Pape
[PR]
by aurorapiano | 2009-08-31 21:47 | オペラ

音楽・四方山話


by aurorapiano
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite