本日のカデンツァ

aurorapia.exblog.jp ブログトップ

ハンブルク州立歌劇場 シモーネ・ヤングの“ジークフリート“

2008年3月、2シーズン前からはじまったハンブルグ国立歌劇場とシモーネ・ヤングのシリーズ“ニールンベルグの指輪”の第2夜“ジークフリート”。プレミエは2009年10月15日。(今日の公演はプレミエBと書いてある。)17時開演。16時過ぎに劇場に到着し、長い公演に先駆けてホワイエへ。
e0195884_22253399.jpg

ジークフリートはクリスチャン・フランツ。この役は彼の十八番であり、来年2月日本でも新国立劇場でのジークフリードに登場する予定である。
今回の演出も引き続きクラウス・グートによるもの。完全な読み替えとはいかないまでも舞台はかなり現代的でグラフィカルな演出。この演出に馴染めるかどうかは好き嫌いの問題だろう。読替え演出によってはストーリーを混同しやすいこともあるが、このオペラの場合は至ってシンプルなジークフリードの成長物語だから視覚的な問題以外はたいして気にならないだろう。ヤングの淡々としてしかも収支のあった音楽作りならこのややミスマッチなどことなく落ち着かないユニバーサルデザインもしっくりくるから不思議である。

第1幕はミーメの家。2つの簡素なベッドが左右においてあり、きれいだか汚いのだかわからない現代的な普通の家の中の設定。洗濯機、キッチン、鍋、アイロン台と家庭用品が並んでいる。ミーメにはペーター・ガリアート、ヴォータンにはファルク・シュトルックマン。まだ幕が開けたばかりというのに迫力満点だ。母の残した剣(ノートゥング)を鍛造して名剣に仕立て上げるまでの行程がユニーク。洗濯機のドラムが取り出されそれで剣を研ぎ始める。舞台真ん中が下がり大きな鍛冶場になり、ベッドの枠木、シーツなどが放り込まれ、そこに火がつけられる。日本刀マイスターのように鉄の強度をあげるために火を使い、ハンマーで成形する、即座には理解不可能なほど綿密な鍛接行程だ。ハンマーで剣をたたく音はティンパニのリズムに合わせている。名剣が出来上がるまでは少しどんちゃかしていてうるさいくらいではあるが、仕上がった剣がまたすごい。壁に当たれば火花を散らす。電光石火の名剣をこれだけ見せられれば聴衆から笑いも起こる。少しやり過ぎの感もあったが“恐れを知らない”どんどん前に向かって突き進んで行くジークフリードの成長と観れば面白い演出といえるだろう。

第2幕はマルクトのような広場に酒の空き瓶が転がり、後ろに森が見える舞台。、ファフナーは森の奥で大蛇に化していた設定なのだろうが、その模様は舞台では見えず、ジークフリードにさされたファフナーが森から血だらけで出てくる。そしてミーメとも論争のうちに彼をさしてしまう。
金銀財宝を手に入れたジークフリードは独り占めせず、彼らの頭に金の王冠をのせ、首から金のネックレスをかけ、富を分け与えてその場を立ち去る。そこでも彼の成長に着眼しているように思える。

第3幕は書棚が壁一面に並ぶ図書館のような舞台。ヴォータンが再び現れ、エルダに不安と取り除く手だてを問い、彼女はありとあらゆる書物からそれを調べるが答えることはしない。ヴォータンの槍を剣でつき、ヴォータンを一撃する。幕は書棚の間から開き最後の場面へ。この場面だけが唯一照明が抑えられ、古典的な設定に近い。ブリュンヒルデとジークフリードは少しシャイなキャラクターを出しながら、抱きしめ合おうと走りよって行く場面で暗転、幕となった。せめて3幕の終わりにはもう少し美しさや神秘性を表現してもよいのでないか。最後が少し物足りない感じがした。

フランツは全幕を通して、安定した声でジークフリードを演じていた。特に1幕ではあれだけの小道具を自然にハンドリングしながらの演技は素晴らしかった。幕が進むにつれてそのキャラクターが変化成長を遂げて行く様が歌でもよく表現されていたと思う。

ピットの中のヤングはときどき長い髪をかきあげながら、片時も両手を休めない指揮ぶりだ。手首の柔らかい左手でオケに歌手に指示を与える。金管、特にチューバが終始安定した音程だったし、プレミエながら安心感のある音楽運びだった。彼女のワーグナー対する溢れる母性がこのニーベルングのシリーズを育んでいるのだろう。その彼女の母性と音楽性がこの新演出とよくマッチしていた。“神々の黄昏”も楽しみだ。

e0195884_22364847.jpg
2009年10月22日
ハンブルク州立歌劇場 (Philhamoniker Hamburg)
指揮:Simone Young
ジークフリード:Christian Franz
ミーメ:Peter Galliard
ヴォータン:Falk Struckmann
ブリューヒンデ:Catherine Foster
[PR]
by aurorapiano | 2009-10-25 22:30 | オペラ

音楽・四方山話


by aurorapiano
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite