本日のカデンツァ

aurorapia.exblog.jp ブログトップ

第2回 上岡敏之&ヴッパータールシンフォニーコンサート

2009年10月26日、ヴッパータールでの第2回シンフォニーコンサート、
今夜はバルトークとブルックナーという “Klangmagier(音の魔法)”を演出した。
バルトークの“2台ピアノとパーカッションのための協奏曲”はGrauschumacher Piano Duoによる演奏。ピアノ2台が舞台の最前列、指揮台をはさんでその後ろに二人のパーカッションが並び、後ろにオーケストラという配置である。この曲自体演奏される機会はあまり多くないだろうが、もともと2台ピアノとパーカッションのためのソナタとして書かれた作品にオーケストレーションが加わっている。無調性なバルトーク協奏曲としては古典的な3楽章形式で、2楽章にLento ma non troppoと緩徐楽章を置いている。表題には3楽章にもnon troppoがついており、やや“控えめ”を意識している。
2台のピアノと二人のパーカッションのいわゆる“コール・アンド・レスポンス”は絶妙で、かつジャズ的なインプロビゼーションを感じさせるエネルギッシュな音楽。指揮者の上岡さんとセンターの4人の動きが視覚的にも楽しい演奏だった。

休憩をはさんで、ブルックナー交響曲3番。この曲はワーグナーに献呈されブルックナー自らが“ワーグナー交響曲”と名付けたとして知られる。今夜は第3稿が演奏された。2年前にCD録音された上岡さんとヴッパータール響のブルックナー7番は世界一緩徐な7番と評されたことをふと思い出した。
1楽章冒頭のトランペットの第一主題、弦のボーイングからしてテンポは遅くはないがゆったり感はある。しかし始まったばかりだというのに、上岡さんは相当エネルギッシュな振りだ。意識的にかなりはっきりと休止をとっている。ユニゾンパートではとくに金管に音を前に引き出すように指示を出す。さらに上岡さんの表情は音、モチーフ、旋律の厚さによって常に変化して、一秒たりとも休むときがないほどである。
第2主題のいわゆるブルックナーリズム(2+3または3+2)は音の広がりを感じさせ、ゼクエンツをはっきり表現させながら、身体全体でオーケストラを牽引している。
2楽章に入っても、タクトを左手に持ち替え、音を前に前に引き出そうとし、強弱のコントラスト、テンポのコントロールを片時も休めない牽引力だ。
ここでも休止にははっきりと音のない空間を演出している。3楽章に入り軽快な音色になってきた。フィナーレはオーケストラの音にも伸びやかな開放感が出てきたように感じた。この日の上岡さんは、こんなに振っていて大丈夫なのだろうか、と心配になるほど始めから終わりまで、渾身の力を振り絞ってワーグナーブルックナーを牽引し続けていた。上岡さん率いるこのオーケストラは、休止、ユニゾン、ブルックナーリズム、ゼクエンツをいつも過剰なまでに意識した今までにない新しい“ブルックナー音楽”を創造してくれる。だからこそ、聴き手である私たちにも大きなエネルギーを充電してくれるのだろう。

e0195884_3154954.jpg
ヴッパータール交響楽団(ドイツ・ヴッパータール Stadthalle)
指揮      上岡敏之
ピアノ     Grauschumacher Piano Duo (Andreas Grau, Götz Schumacher)
パーカッション Martin Schacht, Benedikt Clemens
(演奏曲目)
バルトーク  2台ピアノとパーカッションのための協奏曲
ブルックナー 交響曲第3番 ニ短調(第3稿)
[PR]
by aurorapiano | 2009-11-02 03:13 | オーケストラ

音楽・四方山話


by aurorapiano
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite