本日のカデンツァ

aurorapia.exblog.jp ブログトップ

グレゴリー・ソコロフの奏でる”本物の音”

もちろんこれまで録音しか聴いたことはなかったのだが、ソコロフの奏でるピアノは録音の中でさえ、音に色が見える。そんな体験をしてから一度はライブで聴きたいと長年思っていた。現在彼は、1年間同じ演目で、しかもヨーロッパでしか演奏会をしない。今年はシューベルトのソナタ二長調D850と初めて聴くシューマンのソナタ3番のフル演奏。
ドイツ・ザールブリュッケンから足を伸ばし、ルクセンブルク、フィルハーモニーGrand Audioriumでのソコロフのコンサートに出かけた。ルクセンブルクはザールブリュッケンから100kmほどの距離、バスで1時間ほど(14ユーロ)で行くことができる。
e0195884_0321774.jpg

街の中心にある大公宮(Palais Grand Ducal)
ルクセンブルク語はドイツ語と似ているというがフランス語に似ているように思う。街の表示も主流はフランス語。
会場であるフィルハーモニーはルクセンブルク中央駅からも街の中心地からも離れたバスで15分くらいのところにあるヨーロッパセンターという近代的なコングレスセンターの一角にある。いかにも東京にありそうな現代的な建築である。
e0195884_03863.jpg

ホールにはほぼ満員の聴衆。コンサートグランドが小さく見えるほど大きな体躯のソコロフが舞台に登場し、座るやいなやシューベルトが始まった。シューベルトのソナタに特徴的な同音重複のすべての和音の響きが微妙なニュアンスで違うのだ。空間にすっと音が響き、テンポは正確であるのに縦の刻みを感じさせず、自然に音楽が流れすすんで行く。しかもペダルは最小限で音が決して濁らないのが特徴だと思う。2楽章ではもちろん旋律は美しいのだが、書かれたすべての音に均等なエネルギーがある。その音からは連想できなかったほど引き振りは意外に派手で手を高く挙げながらの演奏である。それにしても終楽章のロンドは美しかった。

休憩時間にはしっかり綿密に調律が行われている。作品によって調律を変化させているのか今日のピアノの具合に問題があったのか定かではないが、調律師も真剣だった。
e0195884_0391041.jpg

後半はシューマンのピアノソナタ3番。Scherzo:Molto comodeを1—2楽章間に、Scherzo:Vivacissimoを2—3楽章間に配置したフル演奏。個人的には楽章間の流れからするとこのスケルツォ群はむしろないほうがいいように感じている。1楽章ではひとつのゼクエンツの中でルバートをかける奏法で、全体としてのテンポは揺るぎない。とにかくメロディラインが決してすべらずきれいでシューベルトの音質より若干柔らかめである。2楽章のクララ・ヴィークのヴァリエーションは丁寧なテンポで、しかもペダルを多用しないレガートな演奏。
3楽章は右左のメロディーが無駄ひとつなくつながって演奏された。
無駄な力など全く入っていない、それで実に人間的な美しい音だ。これほど美しい音を出すピアニストが他にいるだろうか。
2つのスケルツォは音楽の構成上いかがなものかと思っているが、楽章間のブレイクとして聴けば別の音楽を聴いているようで十分楽しめる。勿論ソコロフのピアノだったからかもしれない。
アンコールにショパンのプレリュードを6曲(すべてプレリュードだったかどうかは定かではない)鳴り止まぬ拍手に応えてしっかりサービスしてくれた。

2009年11月25日 ルクセンブルクフィルハーモニー
グレゴリー・ソコロフ(ピアノ)
シューベルトピアノソナタニ長調 D860
シューマンピアノソナタ ヘ短調 op.14
[PR]
by aurorapiano | 2009-11-27 00:40 | ピアノ

音楽・四方山話


by aurorapiano
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite