本日のカデンツァ

aurorapia.exblog.jp ブログトップ

コンサートオペラ”ペレアスとメリザンド”

“ペレアスとメリザンド”、1902年に初演されたドビッシーのオペラである。
本日、新国立劇場、中劇場にて演奏会形式でのコンサートオペラに出かけた。
もともとこのオペラの背景は心理的描写の背景にファンタジーがある。
森の奥深く、暗く、かすかにしか日の当たらない場所、月明りに照らされる夜、光の配分はごくわずかである。
人物像に照らされるライトモチーフが存在し、オペラに特徴的なアリアなどは存在しない。音楽はこれほどまでに叙情、叙景描写に徹し、森の中での人生の儚さ、空しさ、寂しさに役割を持たせているオペラは類をみないかもしれない。
ゴローのテーマで始まるこの作品にいつも思うことは、唯一の印象派音楽家と言われるドビッシーの音の描写である。
絶えず移ろい行く登場人物の人生の不安感を音で綴り続けている。
台詞(歌詞)の役割は補助的に過ぎない。
以前、この作品の現代的設定への読み替えの演出を観たことがあるが、音と演出のギャップを感じずにはいられなかった。
今回の若杉さんのコンサートオペラは登場人物に舞台上動きを少しつけながら余計な演出はないいわゆる演奏会形式に近いオペラである。台詞と音楽の進行の中に、観ているものは心理描写を自然にかつ自由に付加できる。
唯一の舞台演出として、2幕、5幕でのメリザンドのもつ花と5幕で生まれる新しい子どもの生命としてのピンクのリボンの存在である。
演出と心理描写、音楽の融合が難しいオペラだけに、むしろこのコンサート形式の方が受け入れやすかったかもしれない。
特にゴロー(星野淳)とメリザンド(浜田理恵)の心理描写が読み取れる声のバランスが際立っていた。
緑深い森のなか、長い髪の毛のメリザンド、大人の中で右に左に揺れるイニョルドのアンバランスさ。ゴローとペレアスのいつの間にか芽生えた葛藤。
若杉弘の率いる東フィルは最初の幕こそ、音色のバランスがやや足りない感じがしたものの、次第に観ている聴衆に創造的心理描写を与える音楽優位の演奏に変化していた。全体としてバランスがとれ理解しやすい作品に仕上がっていた。
終演後、若杉さんへの暖かいカーテンコールが一頻り続き、新国立劇場今シーズンの幕を静かに閉じた。

2008年6月29日 新国立劇場、中劇場 14時開演
芸術監督・指揮 若杉弘
ペレアス 近藤政伸
メリザンド 浜田理恵
ゴロー 星野 淳
アルケル 大塚博章
ジュヌヴィエーヴ 寺谷千枝子
イニョルド 國光ともこ
医師/羊飼い 有川文雄

東京フィルハーモニー交響楽団
[PR]
by aurorapiano | 2008-06-29 18:09 | オペラ

音楽・四方山話


by aurorapiano
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite