本日のカデンツァ

aurorapia.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:オペラ( 7 )

ハンブルク州立歌劇場 シモーネ・ヤングの“ジークフリート“

2008年3月、2シーズン前からはじまったハンブルグ国立歌劇場とシモーネ・ヤングのシリーズ“ニールンベルグの指輪”の第2夜“ジークフリート”。プレミエは2009年10月15日。(今日の公演はプレミエBと書いてある。)17時開演。16時過ぎに劇場に到着し、長い公演に先駆けてホワイエへ。
e0195884_22253399.jpg

ジークフリートはクリスチャン・フランツ。この役は彼の十八番であり、来年2月日本でも新国立劇場でのジークフリードに登場する予定である。
今回の演出も引き続きクラウス・グートによるもの。完全な読み替えとはいかないまでも舞台はかなり現代的でグラフィカルな演出。この演出に馴染めるかどうかは好き嫌いの問題だろう。読替え演出によってはストーリーを混同しやすいこともあるが、このオペラの場合は至ってシンプルなジークフリードの成長物語だから視覚的な問題以外はたいして気にならないだろう。ヤングの淡々としてしかも収支のあった音楽作りならこのややミスマッチなどことなく落ち着かないユニバーサルデザインもしっくりくるから不思議である。

第1幕はミーメの家。2つの簡素なベッドが左右においてあり、きれいだか汚いのだかわからない現代的な普通の家の中の設定。洗濯機、キッチン、鍋、アイロン台と家庭用品が並んでいる。ミーメにはペーター・ガリアート、ヴォータンにはファルク・シュトルックマン。まだ幕が開けたばかりというのに迫力満点だ。母の残した剣(ノートゥング)を鍛造して名剣に仕立て上げるまでの行程がユニーク。洗濯機のドラムが取り出されそれで剣を研ぎ始める。舞台真ん中が下がり大きな鍛冶場になり、ベッドの枠木、シーツなどが放り込まれ、そこに火がつけられる。日本刀マイスターのように鉄の強度をあげるために火を使い、ハンマーで成形する、即座には理解不可能なほど綿密な鍛接行程だ。ハンマーで剣をたたく音はティンパニのリズムに合わせている。名剣が出来上がるまでは少しどんちゃかしていてうるさいくらいではあるが、仕上がった剣がまたすごい。壁に当たれば火花を散らす。電光石火の名剣をこれだけ見せられれば聴衆から笑いも起こる。少しやり過ぎの感もあったが“恐れを知らない”どんどん前に向かって突き進んで行くジークフリードの成長と観れば面白い演出といえるだろう。

第2幕はマルクトのような広場に酒の空き瓶が転がり、後ろに森が見える舞台。、ファフナーは森の奥で大蛇に化していた設定なのだろうが、その模様は舞台では見えず、ジークフリードにさされたファフナーが森から血だらけで出てくる。そしてミーメとも論争のうちに彼をさしてしまう。
金銀財宝を手に入れたジークフリードは独り占めせず、彼らの頭に金の王冠をのせ、首から金のネックレスをかけ、富を分け与えてその場を立ち去る。そこでも彼の成長に着眼しているように思える。

第3幕は書棚が壁一面に並ぶ図書館のような舞台。ヴォータンが再び現れ、エルダに不安と取り除く手だてを問い、彼女はありとあらゆる書物からそれを調べるが答えることはしない。ヴォータンの槍を剣でつき、ヴォータンを一撃する。幕は書棚の間から開き最後の場面へ。この場面だけが唯一照明が抑えられ、古典的な設定に近い。ブリュンヒルデとジークフリードは少しシャイなキャラクターを出しながら、抱きしめ合おうと走りよって行く場面で暗転、幕となった。せめて3幕の終わりにはもう少し美しさや神秘性を表現してもよいのでないか。最後が少し物足りない感じがした。

フランツは全幕を通して、安定した声でジークフリードを演じていた。特に1幕ではあれだけの小道具を自然にハンドリングしながらの演技は素晴らしかった。幕が進むにつれてそのキャラクターが変化成長を遂げて行く様が歌でもよく表現されていたと思う。

ピットの中のヤングはときどき長い髪をかきあげながら、片時も両手を休めない指揮ぶりだ。手首の柔らかい左手でオケに歌手に指示を与える。金管、特にチューバが終始安定した音程だったし、プレミエながら安心感のある音楽運びだった。彼女のワーグナー対する溢れる母性がこのニーベルングのシリーズを育んでいるのだろう。その彼女の母性と音楽性がこの新演出とよくマッチしていた。“神々の黄昏”も楽しみだ。

e0195884_22364847.jpg
2009年10月22日
ハンブルク州立歌劇場 (Philhamoniker Hamburg)
指揮:Simone Young
ジークフリード:Christian Franz
ミーメ:Peter Galliard
ヴォータン:Falk Struckmann
ブリューヒンデ:Catherine Foster
[PR]
by aurorapiano | 2009-10-25 22:30 | オペラ

ハンブルグ州立歌劇場 『トスカ』

2009年10月21日、ハンブルク歌劇場”トスカ”の公演。
ハンブルク州立劇場は中央駅からU2で2つ目のGänselmarktで下車すぐ。時間に余裕があれば中央駅からBinnebalster(内アルスター湖)を眺め、美しい街を散策しながら歩いて行くこともできる。
e0195884_18193869.jpg

この劇場はLogeと呼ばれるいわゆる仕切った席が20席ずつありどこからでも劇場がよくみえるようになっている。
e0195884_18185349.jpg

『トスカ』は2000年のプレミエ以来、67回目の公演。今シーズンは3回のみ。今夜が今シーズン最後の上演となった。パオレッタ・マロキュのトスカはとにかく素晴らしかった。

舞台は読み替えというほどではないが、とてもシンプルな演出であった。1幕は礼拝堂の中、2幕は宮殿の中、そして3幕は牢屋の中とすべて室内という設定となっている。1幕の礼拝堂のシーンでカヴァラドッシが書いているマリア像が舞台下手奥にある設定であり、左の席からは絵なるものがあるのかないのか全くみえず、残念であった。

弦と管のバランスがよくオペラによく慣れたオーケストラだ。ステファン・ラノのタクトは音の明暗のコントラストがよく表現されている。
2幕と3幕の場面転換の間、ピットでは一つの事件が起こっていた。指揮者のラノとコンマスが楽譜の最後をめくって何やら確認している。ラノが手を動かしてこのタイミングでいくぞとでも言っているのだろうか。
それは舞台のラストに明らかになった。

2幕、3幕とトスカが際立っていたが、それにつられるかのようにカヴァラドッシ役のミロスラフ・ドヴォルスキーも次第にその存在感を増してきた。『星も光ぬ』そして『優しい手よ』の二重唱もぴったりと息があってくる。
3幕のオーケストラの演奏は、特にチェロ(4本)の美しい旋律のモチーフから大きな意識を払っていたと感じられた。ピットと舞台が引き寄せられるようにかみ合って、旋律家と呼ばれるプッチーニの音楽の良さが引き出されていった。
劇的なストーリーの展開のラスト10分は不覚にも涙が込み上げてくる。
“劇場のトスカになってね。” 現実はそうならず、カヴァラドッシの死を確認したトスカが城から身を投げるシーンには仕掛けがあった。マロキュは舞台奥まで走り、そこでほんの一瞬、息を吸い込むように立ち止まり、それと同時に最後のフレーズが鳴り、舞台奥から下に飛び降り、暗転というラストだった。ピットで確認していたのはこのシーンの音のタイミングだったのだろう。
e0195884_18255866.jpg

愛を貫いたトスカは舞台をおりてもトスカのままだ。パオレッタ・マロキュは声の伸び、響きといい、演技力といい素晴らしいトスカを演じていた。決して激しい女性ではなく、自分の信じる愛だけを貫く情熱を秘めた共感に値する女性を感じた。悲劇ながら勇気を与えられる作品だった。
e0195884_18264711.jpg
ハンブルク州立歌劇場 (Philhamoniker Hamburg)
指揮:ステファン・ラノ
トスカ:Paoletta Marrocu
カヴァラドッシ:Miroslav Dvorsky
スカルピア:Sergej Leiferkus
アンジェロッティ:Hee-Saup Yoon
[PR]
by aurorapiano | 2009-10-24 17:34 | オペラ

ベルリン シュタッツオーパー“トリスタンとイゾルデ”で開幕

8月29日、晴天に恵まれ、ベルリン・シュタッツオーパーではバレンボエムの“トリスタンとイゾルデ”でシーズンの幕を開けた。シュタッツオーパーの隣のベーベルプラッツではすでに明日のオープンエアコンサートに向けて会場の準備が始まっている。
e0195884_21372140.jpg

16時すぎにAbendkasseに行く。Kaaseの前で学生らしきアジア人から3階席を8ユーロでゆずりうけた。3階席は2列目以降になると残念ながら舞台もオケピットもほとんど見えない。1列目はまさに天井桟敷というべき席で、サイドからではあるが舞台もピットも照明操作もズームを落として全景を撮るかのようにすべて見える。(長丁場のトリスタンをみるには少し疲れる席にはちがいないのだが。)
e0195884_21395724.jpg

譜面台の上には紫色のタオルと指揮棒のみ。バレンボエムの緩やかなリードによってトリスタン和音が静かに始まる。舞台の真ん中には大きな羽をつけた天使の像があるのみ。
トリスタンにIan Storey、イゾルデにWatraud Meier。マイヤーは2年前の日本公演の際にももちろんイゾルデを演じた歌手。小柄ながら表現性は豊かで聴いているものがすーとその世界にいつしか引き込まれていく。
2幕のふたりの愛の語らいは、小さな螺旋階段を一歩一歩上っていくかのように息が合っていった。マルケ王役のRena Papeも伸びやかで力強く素晴らしい声。バレンボエムも汗を拭いながら、(左手にコップをもって水を補給するシーンもみられたのだが)その後には、時折立ち上がって大きく指揮棒をまわし、常に舞台をリードし続けていた。

17時に開演し、終演は22時半。5時間におよぶ長丁場ではあるが少しも時間を感じさせないすばらしい舞台であった。この演出になり今日は29回目の公演、しかも昨年の9月の公演以降プローベはなかったそうであるが、さすがバレンボエムの“トリスタン”であり、満足いく公演であった。
e0195884_21422639.jpg

短いカーテンコールの後、劇場の外ではひと騒ぎ、どよめきの声が。
でてみると劇場のすぐ横で花火の大サービス。はじめて見るドイツの夏の花火。
満足感と幸せ度が倍増した。

e0195884_21432645.jpg
ベルリン国立歌劇場 Staatskapelle berlin
指揮:ダニエル・バレンボエム
トリスタン:Ian Storey
イゾルデ:Waltraud Meier
マルケ王: Rene Pape
[PR]
by aurorapiano | 2009-08-31 21:47 | オペラ

新国立劇場 『リゴレット』

『リゴレット』これはヴェルディ38歳のオペラであり『トロヴァトーレ』『椿姫』の前作にあたる。
歌手である恋人のジュゼッピーナとの閉鎖的な生活、シェークスピアへの深い傾倒により、この頃のヴェルディ自身がそうだったのだろうか。これらの作品には人間の心的内面の描写が細かく織り込まれている。

リゴレットの作品においてその心的描写の山場は第3幕にある。
減七で不隠を予期させる短い前奏曲に続き第1幕のフィナーレでは悲劇の予感をはっきり示す。第2幕では父として娘を思うリゴレットの家族愛。ジルダのマントヴァ公爵に対する純愛。リゴレットの公爵に対する復讐、呪い。愛と悲劇が交叉する。
第3幕の公爵が酒場の女(殺し屋の妹)をくどき、影からそれをみた娘ジルダがその姿をみて苦しみ、父リゴレットが復讐を説く、四重唱がひとつの大きな山場である。4人の4通りのごく当たり前の人間としての感情が美しくかつ激しくよく描かれ、好演であった。さらにジルダとリゴレットの最後の二重唱はジルダ役のアニック・マッシスの“天でお父様のことを祈っています”では 哀しみとはかないながら一筋の光のような美しい慈しみ、祈るようなメロディーが印象的であった。

第3幕のあの有名なマントヴァ公爵の『女心の歌』。
悲劇の顛末を予見しながらも一時楽しい気持ちにさせられる不思議なアリアである。この曲はある意味、普遍的な男性像を描いているようにも思える。女性を愛し、戯れ、巧みに愛を語り、解放された男心を描きたかったのだろうか。後にヴェルディ自身もこれまでのオペラにない傑作のカンツォーネだと語ったといわれるほどだ。ヴェルディ自身の心を等身大に映し出した音楽かもしれない。

リゴレットの音楽は調性が自由であること、心的描写の移り変わりに音楽が連動していることを感じさせる。歓びには歓びを、怒りには怒りを、哀しみには哀しみと、そしてはかない祈りが織りなされている。

2008年10月31日 新国立劇場 歌劇「リゴレット」  開演19時
指揮 ダニエレ・カッレガーリ
演出 アルベルト・ファッシーニ
リゴレット(B) ラード・アタネッリ
ジルダ(S)アニック・マッシス
マントヴァ公爵(T)シャルヴァ・ムケリア
[PR]
by aurorapiano | 2008-11-02 18:08 | オペラ

コンサートオペラ”ペレアスとメリザンド”

“ペレアスとメリザンド”、1902年に初演されたドビッシーのオペラである。
本日、新国立劇場、中劇場にて演奏会形式でのコンサートオペラに出かけた。
もともとこのオペラの背景は心理的描写の背景にファンタジーがある。
森の奥深く、暗く、かすかにしか日の当たらない場所、月明りに照らされる夜、光の配分はごくわずかである。
人物像に照らされるライトモチーフが存在し、オペラに特徴的なアリアなどは存在しない。音楽はこれほどまでに叙情、叙景描写に徹し、森の中での人生の儚さ、空しさ、寂しさに役割を持たせているオペラは類をみないかもしれない。
ゴローのテーマで始まるこの作品にいつも思うことは、唯一の印象派音楽家と言われるドビッシーの音の描写である。
絶えず移ろい行く登場人物の人生の不安感を音で綴り続けている。
台詞(歌詞)の役割は補助的に過ぎない。
以前、この作品の現代的設定への読み替えの演出を観たことがあるが、音と演出のギャップを感じずにはいられなかった。
今回の若杉さんのコンサートオペラは登場人物に舞台上動きを少しつけながら余計な演出はないいわゆる演奏会形式に近いオペラである。台詞と音楽の進行の中に、観ているものは心理描写を自然にかつ自由に付加できる。
唯一の舞台演出として、2幕、5幕でのメリザンドのもつ花と5幕で生まれる新しい子どもの生命としてのピンクのリボンの存在である。
演出と心理描写、音楽の融合が難しいオペラだけに、むしろこのコンサート形式の方が受け入れやすかったかもしれない。
特にゴロー(星野淳)とメリザンド(浜田理恵)の心理描写が読み取れる声のバランスが際立っていた。
緑深い森のなか、長い髪の毛のメリザンド、大人の中で右に左に揺れるイニョルドのアンバランスさ。ゴローとペレアスのいつの間にか芽生えた葛藤。
若杉弘の率いる東フィルは最初の幕こそ、音色のバランスがやや足りない感じがしたものの、次第に観ている聴衆に創造的心理描写を与える音楽優位の演奏に変化していた。全体としてバランスがとれ理解しやすい作品に仕上がっていた。
終演後、若杉さんへの暖かいカーテンコールが一頻り続き、新国立劇場今シーズンの幕を静かに閉じた。

2008年6月29日 新国立劇場、中劇場 14時開演
芸術監督・指揮 若杉弘
ペレアス 近藤政伸
メリザンド 浜田理恵
ゴロー 星野 淳
アルケル 大塚博章
ジュヌヴィエーヴ 寺谷千枝子
イニョルド 國光ともこ
医師/羊飼い 有川文雄

東京フィルハーモニー交響楽団
[PR]
by aurorapiano | 2008-06-29 18:09 | オペラ

そしてラ・トラヴィアータ 3つの“E strano!”

“E strano!”とは “不思議だわ・・・”


e0195884_1813166.jpg
1幕最後のヴィオレッタのアリアは“E strano, E strano・・・”で始まる。楽しいパーティーからひとりになる場面である。
ここでヴィオレッタは誠実な愛を歌う。歓喜と苦悩の両方が存在している。ひとりの男性からの愛,道から外れた女,そして不治の病。そこには感情の混迷が溢れている。そして悲劇の予感を少し感じさせながら真実の愛,生きる力を描き出していく。


e0195884_1813279.jpg
2幕ジェルモンが登場する直前の“E strano!”真実の愛を引き裂かれていくかもしれない悲しみの強い予感。神は許してくれても,世間は許してくれないのね。
次第ににふつうの女性としてのヴィオレッタの強い絶望感がひとつの死生観として見え隠れしてくる。


e0195884_18135016.jpg
そして3幕のフィナーレ。1幕最後のアリアで全世界の中でもっとも神秘的で誇り高いアルフレードから愛のメロディのイントロのあとの、最期の“E strano!”
止まったわ、激痛が、苦痛が。いつもと違う活力がうまれ、生きることに戻れるかもしれない・・・神よお救いください。
最期を前に、不思議に苦痛がなくなる瞬間があるという。

“E strano!” とは“人間の認識理解をこえていること。人知の遠く及ばないこと。”
これはふつうの生活の中にもある感情であり、E strano!によりドラマが少しずつ変化していくのだろう。 
[PR]
by aurorapiano | 2008-06-25 18:15 | オペラ

ラ トラヴィアータ 2つの前奏曲

第1幕、前奏曲のはじまり。あくまで少し悲劇を予感させる程度、決して悲愴感を感じさせない入り方、ここはこの方が好きだ。ここでは少なくともヴィオレッタの死の予感はない。ロ短調ミサに代表されるh-mollは少し、敬虔なミサのような感じさえする。実際の記譜はシャープが4つ、記譜上は何故か明らかなロ短調でない。
受けとめやすいテンポなのだ。不幸や死を予感させる呼吸ではなく、日常の喜怒哀楽の中に存在する息づかいに似ている。
続くヴィオレッタの愛のテーマ、2幕1場でアルフレッドに別れを告げるシーンで再現される”私を愛して頂戴”。極端なデクレッシェンドはなく不幸や悲劇的展開、そして死をはっきりと予見させず、この前奏曲はあくまでE-durであることを示しているように感じる。(2幕1場ではF-durである。)

第3幕の前奏曲、これはc-mollで同じテーマが繰り返される。音量的な変化はさほどなくむしろ弱々しさはない。1幕のそれに比べ、ぐーっとテンポを落としている。このテンポの緩急が愛の喜びと別れそして死を見事に表現している。
後半のアーフタクトで入る半音階的下行でテンポを緩めそのルバートさは、心と心拍そのもののずれが生じたように、何かが起こる予感を示唆する。
アルフレッドが戻ってきて幸福の絶頂のヴィオレッタが再びそこにあり、パリを離れて、二人でゆっくり幸せに。
その瞬間に初めて本当の最期の時を迎える。

2008.6.11 新国立劇場 『椿姫』 
指揮 上岡敏之  東京フィルフィルハーモニー交響楽団
[PR]
by aurorapiano | 2008-06-23 20:12 | オペラ

音楽・四方山話


by aurorapiano
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite