本日のカデンツァ

aurorapia.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ピアノ( 3 )

グレゴリー・ソコロフの奏でる”本物の音”

もちろんこれまで録音しか聴いたことはなかったのだが、ソコロフの奏でるピアノは録音の中でさえ、音に色が見える。そんな体験をしてから一度はライブで聴きたいと長年思っていた。現在彼は、1年間同じ演目で、しかもヨーロッパでしか演奏会をしない。今年はシューベルトのソナタ二長調D850と初めて聴くシューマンのソナタ3番のフル演奏。
ドイツ・ザールブリュッケンから足を伸ばし、ルクセンブルク、フィルハーモニーGrand Audioriumでのソコロフのコンサートに出かけた。ルクセンブルクはザールブリュッケンから100kmほどの距離、バスで1時間ほど(14ユーロ)で行くことができる。
e0195884_0321774.jpg

街の中心にある大公宮(Palais Grand Ducal)
ルクセンブルク語はドイツ語と似ているというがフランス語に似ているように思う。街の表示も主流はフランス語。
会場であるフィルハーモニーはルクセンブルク中央駅からも街の中心地からも離れたバスで15分くらいのところにあるヨーロッパセンターという近代的なコングレスセンターの一角にある。いかにも東京にありそうな現代的な建築である。
e0195884_03863.jpg

ホールにはほぼ満員の聴衆。コンサートグランドが小さく見えるほど大きな体躯のソコロフが舞台に登場し、座るやいなやシューベルトが始まった。シューベルトのソナタに特徴的な同音重複のすべての和音の響きが微妙なニュアンスで違うのだ。空間にすっと音が響き、テンポは正確であるのに縦の刻みを感じさせず、自然に音楽が流れすすんで行く。しかもペダルは最小限で音が決して濁らないのが特徴だと思う。2楽章ではもちろん旋律は美しいのだが、書かれたすべての音に均等なエネルギーがある。その音からは連想できなかったほど引き振りは意外に派手で手を高く挙げながらの演奏である。それにしても終楽章のロンドは美しかった。

休憩時間にはしっかり綿密に調律が行われている。作品によって調律を変化させているのか今日のピアノの具合に問題があったのか定かではないが、調律師も真剣だった。
e0195884_0391041.jpg

後半はシューマンのピアノソナタ3番。Scherzo:Molto comodeを1—2楽章間に、Scherzo:Vivacissimoを2—3楽章間に配置したフル演奏。個人的には楽章間の流れからするとこのスケルツォ群はむしろないほうがいいように感じている。1楽章ではひとつのゼクエンツの中でルバートをかける奏法で、全体としてのテンポは揺るぎない。とにかくメロディラインが決してすべらずきれいでシューベルトの音質より若干柔らかめである。2楽章のクララ・ヴィークのヴァリエーションは丁寧なテンポで、しかもペダルを多用しないレガートな演奏。
3楽章は右左のメロディーが無駄ひとつなくつながって演奏された。
無駄な力など全く入っていない、それで実に人間的な美しい音だ。これほど美しい音を出すピアニストが他にいるだろうか。
2つのスケルツォは音楽の構成上いかがなものかと思っているが、楽章間のブレイクとして聴けば別の音楽を聴いているようで十分楽しめる。勿論ソコロフのピアノだったからかもしれない。
アンコールにショパンのプレリュードを6曲(すべてプレリュードだったかどうかは定かではない)鳴り止まぬ拍手に応えてしっかりサービスしてくれた。

2009年11月25日 ルクセンブルクフィルハーモニー
グレゴリー・ソコロフ(ピアノ)
シューベルトピアノソナタニ長調 D860
シューマンピアノソナタ ヘ短調 op.14
[PR]
by aurorapiano | 2009-11-27 00:40 | ピアノ

音楽という奇跡〜国際障害者ピアノフェスティバル in バンクーバー

音楽という代物は時に予想をこえた感動を私にもたらしてくれる。 “ビバカナディアン”をモチーフに作曲、編曲された作品を演奏するコースは、1日にセミファイナル、2日にファイナルが行われた。
e0195884_18215520.jpg

受賞者の皆さん

受賞した3人の日本人とお話をする機会をえたのでそのインタビューを紹介したい。

ジュニアA部門2位を受賞した小学6年生の重本安見さん(11)。合短指症で左手の指が生まれつきない。手関節はとてもよく動くので、小指側(尺側)の先端を使って
ピアノの打鍵をする。しばしば右手とクロスさせて左手をメロディーラインに使うこともできる。まだ小さな6本指のピアニストだ。
ピアノをはじめたきっかけを尋ねると『1年生のとき友達がピアノを楽しそうに弾いていたから、私もやってみたくなりました。』そう答えた彼女にインタビューをしてみた。
e0195884_3303956.jpg

今回のフェスティバルはどうでしたか?
—緊張はしたけどとても楽しかったです。緊張をしないように家で弾いているイメージで弾くようにしてみました。満足できました。
これからどんな曲を弾いてみたいですか。将来の夢は何ですか?
—ショパンの『革命』のエチュード。将来はふつうの主婦になって子供が欲しいです。ピアノは続けたいです。
まだまだあどけなさが残る安見さん。受賞した曲は小林夏衣さんの作曲によるもの。小林さんは第1回目のピアノパラリンピックの入賞者でもあり、先月大阪フィル(指揮:大植英次)とモーツァルトピアノ協奏曲20番で共演したことで話題になった作曲家をめざす高校3年生である。

A部門で3位となった桑原良恵さん(23)。彼女はデモンストレーションコンサートでこれまでにカーネギーホールをはじめ多くのところで演奏をしている。
先天性のさまざまな障害により身長は100cmの小さなピアニストだ。そして4歳のときに視力も失った。そして小さな彼女の手の示指〜小指はPIP関節に屈曲拘縮があり完全には伸びない。
e0195884_1823699.jpg

いつからピアノをはじめたのですか?
—7歳のとき、指のリハビリをかねてピアノを始めたんです。

好きな作曲家は誰ですか。それからこれからやりたいことは?
—好きな作曲家はモーツッァルトとショパン。最近はフランスのドビッシーも好きです。月の光とかスーと心に入ってくる感じがするから。オクターブがとどかないのが難点ですが。
将来もずっと音楽を続けたい。音楽を愛し続けたい。
緊張やプレッシャーがあっても弾き始めると音楽は安心感を与えてくれるから。

—バンクーバーはいかがでしたか?
バンクーバーはとてもいい町、とてもよい空気を感じました。

A部門での優勝者は山崎理恵さん(34)。桐朋音楽大学ピアノ科に入学し、20際の頃、全身性エリテマトーデスという病気にかかった。ピアニストとして活動をはじめていたころに病状が悪化して脊髄におよび、両下肢完全麻痺となった。彼女の問題はピアノのペダリング。それを克服できたのがピアノペダルアシストという装置。4年前から笛に息を吹き入れることによってその強さをセンサー感知してピアノのペダリングを行うという装置を開発し、1年前にようやくそれが完成した。慣れるまでは何度か酸欠で倒れたこともあったという。
e0195884_18242196.jpg

ピアノを弾きたいという情熱が彼女をここまで駆り立てたのだろう。とても美しくしかも情熱的な演奏だ。ビバカナディアンの主題をピアノのための3つの小品にしたて、ラベルを連想させる光がきらきらと射し込むような美しい曲を見事に表現した演奏だった。マウスペダルにはまだ改良点があるという。演奏中に小さな機械音が鳴ること、それから10分適度ひくと水滴がたまりセンサーの感度が鈍くなるということだ。
“車いすのピアニスト”として、それからまたピアノを教えるピアノの先生として北海道で活躍中の山崎さんに今後とも注目していきたい。
山崎理恵オフィシャルサイト〜車いすのピアニスト〜
[PR]
by aurorapiano | 2009-10-07 18:26 | ピアノ

ショパン:ノアンの地でかかれた7つのノクターン

ショパンが存命中に出版された作品にはOp.として番号が記され、作品番号のあるノクターンは全部で18曲ある。
ショパンがかの有名な女流作家ジョルジュ・サンドと過ごしたそのノアンはパリから南へ270kmのベリー地方にある。ノアンの地でショパンは7回の夏を過ごし、7つのノクターンをかいた。もちろんひと夏に1曲などという計画のもとでかかれたわけではない。(1839年にOp.37-2,1841年にOp.48-1,2,1843年にOp.55-1,2,そして1846年に最後のOp.62-1,2)
誰かに曲を頼まれたわけでもなく、予定された演奏会のために書かれたわけでもない。森の中の鳥のさえずり,雨や風の音,サンドの作る食事など毎日の日常的な暮らしの中にあるノアンの匂いが7つのノクターンを生んだ。たんなる恋愛ではなく,いつも家族的であり,常に人間的であったサンドの愛はいつもショパンの音楽そのものに寄り添ってきた。

1841年にかかれたノクターンOp.48-1(13番)は「楽聖なるショパン」という古い映画の中で、ショパンの臨終のシーンに流れている。が、しかし、決して
暗く悲しみに満ちた曲ではないように思う。普段、昼間に散歩する森も夜になれば、街頭ひとつなく暗く寂しい。そこに月が昇り、その唯一の光である月明かりが、木々を照らす。風が時折強く吹いて木々を揺らし、森の夜は静かに更けてゆく。心に深く刻まれる旋律は、闇夜を照らす月明りがひとすじの進むべき道を示してしてくれるように。この曲のLentoで始まる提示部は、浮かび上がるような旋律のなかに左手のバスのオクターブと和音の連続がそれを支える。左手のバスの意識はやがてPoco piu lentoの中間部の同主調へ展開し、コラール風の分散和音のなかに潜むメロディーに移っていく。静かに始まる心の奥にある自身のspiritを少しずつ高めながら、Doppio movimentoへ移行する。ここからのパッションは最初のメロディが倍速した状況のなかで再現されるが、ここに演奏の難しさを出さないように弾くのはなかなか至難である。旋律とバスと内声和音のバランスが重要である。そしてその精神性の高さは最後まで持続しなければならない。

最後のノクターンのOp.62-1(17番)はロ長調である。ショパンはロ長調こそピアノのポジションニングの練習にはふさわしい調であると弟子に述べている。ノクターンの3番も同じくロ長調である。これは最初のノクターンOp.9の3つの作品の一つであるがその方向性が全く違う。速度記号や強弱など細かい記載がある3番に対して17番にはAndanteとSostenutoの表示があるだけで強弱に関する記載はほとんどない。またこの曲は版によって楽譜の風景がずいぶんことなる。旋律が8分音符であったり、付点になったり,中間部の変イ長調への転調部では旋律まで多少異なっている。しかしサンドとの愛が終熄を迎え、生きる方向性までも見失いかけたショパンの精神の彷徨いから考えればどう弾くかはとるに足らない議論にも思える。そしてその方向性のない気持ちの揺れが、ときに定まらない調性のなかに現れている。
強く深いスピリットを感じさせるノクターン13番とコントロール不能な心の彷徨いを表現しているノクターン17番。その美しくあこがれをいだくような旋律を160年後の私たちのために残しておいてくれたわけではないだろうが,ショパンは決して裏切らない音楽の普遍性を教えてくれる。
[PR]
by aurorapiano | 2008-02-25 20:17 | ピアノ

音楽・四方山話


by aurorapiano
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite