本日のカデンツァ

aurorapia.exblog.jp ブログトップ

ドイツでApprobationがとれるらしい。

2012年3月からドイツ(EU)の法律が改定され日本人医師はEUの医師開業免許(Approbation)
取得できるようになった。それまでは一時的な医師活動許可書というものをドイツの労働局に申請する必要があった。期限がきれればその都度申請しなければならない。
ところが、新しい制度ではEU以外の第3国(日本、アメリカ、カナダ、韓国)の医師もApprobationを取得できるというのだ。

このためにはさまざまな書類提出が必要とされ、目下のところまだ悪戦苦闘まっただ中である。

なぜ、これほどややこしいのか?といえば日本では認証(die Anerkennung)という制度が一般に認識されていないということがその理由である。

認証とはいったい何なのか?ドイツ人は”書類を認証してもらう必要があるよ”といっていたのだかいったいこれは・・・。

ドイツに在住の日本人医師から必要な書類の一覧表をいただき、少しずつひも解かれてきた。
しかし10数種類の必要書類の一覧表を手に入れてからまた新たな疑問がわいてきた。

さてさて、今後のためにもこの苦労話をprospective studyとして書いておこう。
[PR]
# by aurorapiano | 2012-12-25 18:47 | ドイツの生活

フランス・メスのクリスマス市

12月は結構忙しくそれに天気も悪かったのでザールブリュッケン以外のクリスマスマルクトにいくチャンスもなく・・・フランスのクリスマスマルクトを一目見たいとザールブリュッケンから電車で1時間ほどでフランスのメスへ。
e0195884_22404294.jpg


ロベルトシューマン通りに面した広場には移動遊園地。クリスマスツリーをあしらった乗り物のデザインは素敵です。乗り物の部分がオーナメントになっています。
e0195884_22455771.jpg


雪だるまの光が濡れた石畳に反射しています。
e0195884_2251189.jpg


そして広場の真ん中には巨大観覧車。これも移動式です。
e0195884_22452465.jpg



ロレーヌ地方の中心的なこの街の人口は12万人。それほど大きくはない街ですが、プランタンやラファイエットといったデパートも軒を並べます。
クリスマスマルクトはロベルトシューマン通りに面した広場、サンルイ広場、サンジャック広場の3カ所で開催されていました。

サンルイ広場がいわゆるマルクトのメイン会場。ドイツのクリスマスマルクトとは違い日本のお祭りの屋台の雑多な感じで、サラミやハム、ヌガーやパウンドケーキを売る店が多く見られました。
e0195884_22493937.jpg


メリーゴーランドの前で。石畳にうつる反射された光によってより暖かな家族の雰囲気を感じます。
e0195884_2250199.jpg


グリューワインを試しましたが、薬草のような味が強く(たぶん香辛料が強いのでしょう・・・)ちょっと変わったテイストでした。ドイツの方が美味しいかな?

来年もまたどこかの街のクリスマスマルクトを訪れたいと思います。
[PR]
# by aurorapiano | 2011-12-27 21:58 | なんでも旅行記

ある日曜日の午後〜Blieskastel〜

特に予定のない日曜日をどう過ごしますか・・・朝、ゆっくりしているとあっという間に時間が経ちます。青空が見えている午後にはどこか散歩に・・・。

日曜日、日本のようにお店は開いていないのでウインドーをのぞくだけの本当の”ウインドーショッピング”をします。
e0195884_7113714.jpg

気が向いたらカフェでコーヒーのいっぱいでも飲もうか...とカメラを片手に近くのブリースカステルという町に行くことになりました。

お城に入って行きます
e0195884_712626.jpg


お城の庭でゆっくりお散歩。
e0195884_7123058.jpg

e0195884_7132868.jpg

日があっという間に傾いて、一気に夕暮れ。午後は静かに暮れて行きました。
e0195884_7135010.jpg

[PR]
# by aurorapiano | 2011-11-09 07:19 | ドイツの生活

モーゼルで ”ぶどう摘み”

中学時代の友人夫婦のお宅を訪れたとき、何やら謂れのある白ワインを飲ませていただきました。

「モーゼルの白ワインが好きなのよね?」
何やら10年前からぶどう畑のオーナーをしており、そこから送られてくるワインを毎年楽しんでいるとか・・・

「ドイツにいるんだったら、10月のぶどう摘みに行ってみない?」
そのお誘いの言葉に便乗して、昨日エリーセンベルクのぶどう畑に行ってきました。

モーゼル川(右がトリア(上流)、左がコブレンツ方面)、河の流れはゆったりと、山間を流れます。
e0195884_19211786.jpg

その斜面には一面ぶどう畑。時間もゆっくりです。
e0195884_1924322.jpg

ここでは手でぶどう摘みが行われています。
e0195884_19253796.jpg

ドイツ在住40年のコーディネーターの高木さん。
「これまでのぶどう摘みの中でいちばんいい天気ですよ。」
ランチでももちろん白ワインをいただきました。

e0195884_19311576.jpg

この畑のオーナーのBauerさん。
e0195884_19341891.jpg

「ここにもいっぱいぶどうがあるよ〜」
e0195884_19322897.jpg

30分ほどでこのバケツ1杯は収穫できます。

ぶどうの収穫後、ワイナリーへ。
e0195884_19362499.jpg

e0195884_19375051.jpg

こちらは樽もの、自然発酵し、炭酸ガスがでています。

そして試飲会。8種類ものワインを順番にいただきました。
e0195884_19403192.jpg


Liebe Kyaro und Ishiko〜♡
来年は私たちが収穫したブドウで美味しい白ワインができますよ。
楽しみに待ってて下さいね。

e0195884_19413236.jpg

[PR]
# by aurorapiano | 2011-10-16 19:47 | ドイツの生活

ハイデルベルクへ(1)”ホテルのテラスで”

国際皮膚外科学会の参加もかねてドイツ・ハイデルベルクに行ってきました。
古いとても美しい街と聞きます。そして、医学、神学、法学で有名なハイデルベルク大学には多くの著名人が学びました。私の大先輩も40年ほど前、ここに留学したそうです。

ハイデルベルク中央駅から中心地まではタクシーで10分程度です。Hotel am Schlossというホテルに泊まりました。

このホテルには広いテラスがあり、お天気に恵まれれば外でワイン・・・などと勝手に想像。
e0195884_1164083.jpg

夕焼けを眺めながらのワインはロマンティックで気持ちが豊かになります。そして近くのSupermarktで購入したサラミやチーズで時間を思い切り満喫。
e0195884_173819.jpg

開放的な空気と時間でした・・・
e0195884_110780.jpg

日はすっかり暮れて・・・夜の闇に浮かび上がるハイデルベルク城、なんと幻想的なんでしょう。

22.09.2011
[PR]
# by aurorapiano | 2011-10-13 01:21 | なんでも旅行記

音楽・四方山話


by aurorapiano
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite